BO TAMBOURINE CAFE HP
<< 4月の店休日、イベントのお知らせ | main | ギターパンダと良元優作 【4都市周遊 45日の旅 〜大阪〜京都〜神戸〜四日市〜】 >>
2015.04.09 Thursday

NONA REEVES 『NEVER ENDING “cafe” TOUR』

0
    NONA REEVES(西寺郷太・奥田健介・小松シゲル)ライブ決定しました!

    最近西寺さん著"噂のメロディ・メーカー"読んだところだったので個人的にも楽しみ。
    (80年代に青春時代を過ごされた方、ソウル、ポップミュージック好きには特にオススメの1冊です)

    お席限りありますのでご予約どうぞお早目に。
    ZXN1K2QP.jpg

    -LIVE- NEVER ENDING “café” TOUR
    NONA REEVES(西寺郷太・奥田健介・小松シゲル)

    DJ-
    Michelle Sorry

    [日時]2015年5月23日(土) 開場18:00 / 開演18:30 

    [料金] 前売メール予約4,000円(1DRINK別途500円)/当日4,500円(1DRINK別途500円)

    [定員] 50席(全席自由)
       予約で定員数に達した時は当日券を出さない場合もございます。
    SOLD OUT! 定員に達しましたので受付終了とさせていただきます。

    [予約]ticket_bo@yahoo.co.jp 宛に件名を「5/23ノーナ神戸予約」とし、名前(カタカナ)、住所、携帯番号、枚数(1人4枚まで)を明記の上、メール送信下さい。折り返し整理番号をお送りします。(なお返信に数日かかる場合がございます)
    ※メール受信設定でドメイン指定をされている方は @yahoo.co.jp を登録してください。

    [発売日] 4/10 17:00から 5/22 20:00まで *限定50枚

    [制作] KOKOMO BROTHERS co.,ltd/MOUSHIWAKE co.,ltd

    [問合せ] 神戸BO TAMBOURiNE CAFE [ http://bo-tambourine.com ]
    *撮影機器、録音・録画機器のお持込みは御遠慮下さい。


    Profile-------------------------------------------------------------------------------------
    [ NONA REEVES ]

    1995年、西寺郷太が自らのソロユニットに「ノーナ・リーヴス」と名づけ、デモを制作。
    その後早稲田大学の音楽サークルにてドラマー小松シゲル、ギタリスト奥田健介らが合流しバンド編成へ。 
    1997年ワーナー・ミュージック・ジャパンからメジャー・デビュー。
    2011年ビルボードレコード第一弾アーティストとして発売したカヴァーアルバム「Choice」の反響をうけ、「Choice2」と「Choice3」発売。 
    ソウル、ファンク、80’sポップスetcに影響を受けたその卓越した音楽センスとアレンジ、「聴かせて踊れる!」魅力的なライブにも定評がある。

    西寺郷太 <プロデュース、作詞、作曲、ボーカル>
    1973年東京生まれ。
    1996年からNONA REEVESのボーカリスト兼メインコンポーザーとして活躍するほか、他アーティストへの楽曲提供やプロデュースも行う。
    日本屈指のマイケル・ジャクソン研究家としても知られ、2009年に著書「新しい『マイケル・ジャクソン』の教科書」(新潮文庫)、2010年に「マイケル・ジャクソン」(講談社現代新書)を上梓。
    その他マイケル関連作品のライナーノーツも数多く手がけている。
    2014年には3月にティト・ジャクソンが参加した初めてのソロ・アルバム「Temple St.」、6月4日にはNONA REEVESのオリジナルアルバム「FOREVER FOREVER」をリリースしたほか、
    6月25日には小説家として80年代洋楽の秘密を旅するノンフィクション風音楽小説「噂のメロディ・メイカー」(扶桑社)を発表している。

    奥田健介 <プロデュース、作曲、ギター、キーボード>
    1974年生まれ。福岡生まれ、滋賀県大津育ち。早稲田大学商学部卒。
    ノーナ・リーヴスのギタリスト。曲によりキーボード、ボーカルも担当する。
    幼少時より始めたピアノによって身につけたカラフルな和声感覚と、60's〜現代のブリティッシュロックやブラックミュージックに対する愛着に基づいた
    ソウルフルなギタリストとしてのアプローチで、バンド内におけるアレンジ面の中核を担っている。
    近年はレキシ、堂島孝平、坂本真綾、空気公団、一十三十一等のライブサポート、倖田來未、NIKIE、中島愛等のレコーディング参加、土岐麻子、南波志帆をはじめとする
    他アーティストへの楽曲提供・プロデュースなど、多岐に渡って活動中。
    またコラム等においては、独特の感性が光る、隠れた文才の持ち主。

    小松シゲル <ドラム、ボーカル>
    1972年生まれ、長野県飯山出身。
    ふたりの姉の影響で12歳からドラムを始め、本格的にドラマーの道を目指す。
    早稲田大学在学中にノーナ・リーヴスに加入。近年はそのタイトでエネルギッシュなスタイルから様々なライブ、レコーディングセッション等で活躍中。
    自身のバンド、ノーナ・リーヴスでは、ボーカルを担当する曲もあり、ライブ中のコーラスワークも魅力のひとつ。 
    2011年にはYUKIのツアーでバンマスを務め、また佐野元春&コヨーテ・バンドのドラマーでもある。
    セッションドラマーとして堂島孝平、中田裕二、YO-KING等数々のレコーディングやツアーにも参加している。


    JUGEMテーマ:音楽
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM